サラフェプラス 危険

サラフェプラスは危険?成分から分かった1つの真相とは

 

顔汗を防いでくれると話題になっているサラフェプラス。

 

でも、毛穴をふさいでいるとすればちょっと危険に感じてしまいますよね。

 

実際にヤフーで検索してみると”危険”という言葉が表示されました。

 

 

 

 

購入前にこんな言葉が表示されれば不安になってしまいますよね。

 

この記事ではサラフェプラスが安全に利用できるのかを調べているので最後までチェックしておいてくださいね。

 

サラフェプラスは危険なの?

 

少し見にくいですが、サラフェプラスにはこれらの成分が配合されています。

 

この成分の中から注目したのは”フェノールスルホン酸亜鉛”という成分。

 

実はこちらの成分には危険な副作用が2つもあるのです。

 

 

 

  • 下痢
  • 胃の障害

 

 

 

少し難しいお話になるのですが、フェノールスルホン酸亜鉛には発汗抑制作用があります。血管を縮める作用があり汗を抑える効果は確かですが、その副作用として下痢・胃の障害などの危険リスクがあるのですね。

 

 

 

しょうじき、こんな危険リスクがあるのなら絶対に使いたくないですよね…

 

汗が止まる代わりにお腹が痛くなったら元も子も無いと思うのですが…

 

さらに深く調べてみると、ある1つの事実が分かったのです。

 

 

 

実は、こちらの副作用は過剰に使用した場合に出る副作用となっています。通常どおり使ったとしても副作用がでる心配はほぼ0だとわかりました。

 

 

というのも、今まで使ってきた普段使いの製品にはほぼ全てにこの成分が入っているのです。

 

 

  • デオドラント剤
  • シーブリーズ
  • ボディシート
  • 制汗剤

 

このような市販品を使って肌荒れなどを感じたことがなければサラフェプラスでも問題はない可能性が高いでしょう。

 

 

さらに、フェノールスルホン酸亜鉛の規定では100gに2.0までと国で決められています。この基準を超えていないサラフェプラスでは危険性や毒性をきにする必要はないんですね。

 

サラフェプラスを安心して利用できる2つの理由

 

 

「もっと詳しく知りたい!」 と思った私は、成分や口コミなどをより深く調べてみました。すると、サラフェプラスが安心して利用できる3つの秘密が発覚したのです!

 

 

 

 

1,刺激成分が含まれていない

お肌に刺激を与えてしまう成分の代表格が保存料・防腐剤という添加物です。

 

サラフェプラスは敏感肌の人でも刺激が無いように、これらの添加物はいっさい使われていません。

 

そのため、今まで化粧品などで肌荒れがしまった人でも低リスクで使用する事ができるのです。

 

2,敏感な顔用なので安心

薬局などで販売されていた制汗剤は体用になっています。

 

しかし、サラフェプラスは人間の体の中でいちばん皮膚がうすい”顔専用”となっています。

 

今までの制汗剤よりも低刺激で利用できるのにはこのような理由があったのです。

 

3,返金保証がついている

サラフェプラスを公式サイトで購入すれば万が一のときでも返金保証がついています。

 

使ってみて赤みや湿疹、痛みがでた場合などは全額返金してもらう事が可能です。

 

サラフェプラスの返金保証についてはこちらでまとめています。

 

 

このように、サラフェプラスは初めから敏感肌の方用に作られている制汗剤となっています。また、刺激性のある成分がはいっていないので肌トラブルがでる可能性は低いと言えるでしょう。

 

まとめ

 

サラフェプラスの危険性について調べてみましたがいかがだったでしょうか?体のなかで一番敏感な、顔専用につくられているので基本的には肌荒れなどの副作用を心配する必要がないのですね。

 

 

ただし、どんな商品でも同じですが全ての人に副作用が無いとは限りません。心配な人は腕の関節など、皮膚の薄い個所でパッチテストをしてから利用すればより安心して利用できますね。

 

 

 

 

サラフェプラスの口コミや効果についてはこちらでまとめています。

 

気になる方はチェックしておいてくださいね。