顔汗を止めるツボ

図解つき!その場で顔汗を止める事ができる3つのツボを調査!

 

電車内や人前に立つと急に汗が顔汗が…

 

汗の事を気にすると余計にダラダラと滝のように流れてきて恥ずかしい思いをしている人は私だけではないでしょう。

 

実は、顔汗は手のツボを押すことによって大幅に緩和することができます。毎日ツボを押し続ける事で体質から変えられる可能性も!

 

いつでもどこでもその場で使える方法なので是非チェックしておいてくださいね!

 

顔汗を止める3つの手のツボ

 

一番気軽に顔汗をその場で抑えられる方法として”手のツボ”があります。

 

それでは1つずつ見てみましょう。

 

 

 

陰げき(いんげき)

 

画像

 

身体の熱を取り、汗を抑える事が可能!

 

小指側の手のひらの根元から人差し指1本下にさがった所にあるのが”陰げき”というツボがあります。 こちらのツボには汗を抑える以外にもさまざまな効能が期待できます。

 

 

  • 心胸痛
  • 盗汗(寝汗)
  • 不整脈
  • 鼻つまり
  • 鼻血
  • 胃出血
  • のぼせ
  • 頭痛
  • ヒステリー
  • 構音障害
  • 眼精疲労
  • 動悸
  • 自立神経調整作用

 

 

誰かに見られたり緊張して汗をかいてしまう原因は自律神経の乱れからおこります。”陰げき”には自律神経を調整する作用があるので急な汗トラブルでもすぐにおさえる事が可能です。

 

 

こちらのツボを親指でおすとジンとした少しの痛みを感じます。痛気持ちいと感じる程度まで押してみましょう。

 

合谷(ごうこく)

 

画像

 

こちらは手の甲にある顔汗をおさえるツボです。

 

親指と人差し指のあいだを反対の手で手首側になぞると骨にあたります。

 

 

その骨との境目が合谷というツボになります。こちらのツボを押すことで上半身の血行が改善し、緊張でおこる顔汗を軽くする事を期待できます。

 

 

合谷の押し方

 

反対側の親指で痛気持ちいいと感じる程度に押しましょう。

 

人によっては右手と左手では痛みの感じ方は違います。どちらの手もあまり強く押しすぎずにするのがコツですね。

 

後谿(こけい)

 

画像

 

手をグーに握ると小指の付け根の下あたりにプクッとした膨らみがでてきます。こちらも顔汗を止めるだけではなくさまざまな効能を期待できます。

 

 

  • 風邪
  • 後頭部痛
  • 脳梗塞
  • 筋緊張性頭痛
  • 手の痙攣
  • 五十肩
  • 耳鳴り
  • リウマチ
  • 精神疾患
  • 眼精疲労
  • 寝汗

 

後谿の押し方

 

反対側の親指で手のひらに丸め込むように押してください。あまり強く押しすぎると痛みがでるので初めは軽く押して様子を見てみましょう。

 

労宮(ろうきゅう)

 

手のひらのど真ん中より少し親指側にずれたところにあるのが労宮というツボです。こちらを押すとピキっとした痛みを感じるのですぐに分かるでしょう。

 

 

労宮の押し方

 

反対の手の親指でやさしく押してみましょう。こちらのツボは今までの3つのツボに比べて痛みが激しくともないます。初めから強く押すのではなく、調節しながら刺激してみましょう。

どのタイミングでツボを押せばいいの?

 

さて、汗を止めるための4つのツボを調べてきました。

 

ツボを押すタイミングとしては

 

  • 電車に乗る前
  • 人前でお話しするとき
  • お仕事でのプレゼン・発表会
  • 合コン・デート

 

これらの緊張してしまう瞬間の3分前に全てのツボを押す癖を付けましょう。

 

また、これらのツボは即効性も十分期待できるツボなのですが、毎日押し続けることで汗をかいやすい体質から変えられる可能性があります。

 

 

朝起きたときや寝る前、1日2回を目安に毎日押し続けることが大切になります。

 

また先ほども記載したように、早く汗を止めたいからといって4つのツボを痛みがでるほど強く押しても効果が倍増する事はないので注意が必要です。

 

 

痛みがでるほど強く押し付けると継続する事もできなくなる可能性もあるので優しく継続することが大切なのですね。

 

まとめ

 

いつでも行えて、顔汗を止める4つのツボを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?脚や体ではなく手のツボなのでいつでもおこなえるのが嬉しいですよね。

 

 

また、これらのツボと同時に脇や首もと、手首などの皮膚の薄い部分を水や氷などで冷やす事で体温を下げて顔汗を抑える事が可能です。

 

 

まずは色々試してみて、自分に合った顔汗対策をしてみてくださいね!

 

⇒顔汗をその日に抑えられる!?サラフェプラスの口コミをみてみる